• TEL: 03−6411−9740
  • 成城学園前の<キレイに>をかなえる美容室。

☞ポイント

  • ブラッシングは厳禁
  • 弱酸性のシャンプーを使ってみよう
  • 優しい洗浄力のシャンプーがおすすめ
  • ヘマチン入りのシャンプーもおすすめ

以上のようなポイントに気をつけてみましょう!では、ひとつひとつ解説していきます。

パーマヘアにブラッシングは厳禁!

パーマをした髪はアルカリ性に傾いています。

難しい話になるので、省略してお話すると「アルカリに傾いている髪はすごくデリケート」なわけですね!

この状態の髪に雑なブラッシングをすると髪は再起不能レベルのダメージを負います。

パーマしてから一週間くらいはブラッシングはできるだけ控え、手ぐしなどで優しく梳かすようにしてください。

では、、アルカリに傾いた髪をどうすればいいの?という問題ですが、それは以下で紹介していきます。

 

パーマ後、一週間くらいは弱酸性シャンプーがおすすめ

パーマ液の影響でアルカリに傾いている髪を正常に戻すために非常に有効。

髪がアルカリに傾いたままだと、髪が痛みやすかったり、パーマがだれやすいなどのデメリットがあるんです。

通常、美容院でパーマをした際にもアルカリの除去においてはやってくれているはずですが、それでも髪の中にアルカリは残り続けているので、自宅でケアしていく必要があるのです。

 

髪に負担をかけない優しい洗浄力のシャンプーを使おう

市販シャンプーなどの使われている高級アルコール系(ラウレス硫酸na)などの界面活性剤は髪を傷つけ、パーマの持ちにも影響します。

傷ついた髪からは中のたんぱく質などが流れでてしまい、パサパサになってしまうんですよね。。

パーマを長持ちさせていきたいなら、アミノ酸系やベタイン系などの洗浄力の優しいものを使っていきましょう

 

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。