• TEL: 03−6411−9740
  • 成城学園前の<キレイに>をかなえる美容室。

フリーランス・面貸し・業務委託、美容師・ネイリストさん、募集しています。

フリーランスで働く美容師とはどのようなものか

 

 

フリーランスの美容師とは、美容室・サロンなどに所属してない美容師のことです。

 

就職や所属をしないで、美容師の仕事をする働きかたです。給料という形で給料をもらうのではなく、

 

仕事をした分だけ収入になります。

 

フリーランスの美容師の働き方としては、店鋪などの場所を借りたり、

 

自宅やお客様の指定の場所で仕事をし、美容室などを借りる場合は、

 

使用料を支払う、または、決められた%の報酬になります。

 

 

 

フリーランスで美容師の仕事をするメリット

 

 

フリーランスで美容師をするメリットとして、大きいものが2つあります。

 

 

まず1つは目は、収入面が挙げられます。

 

通常の美容室勤務の場合、基本給プラス指名料の歩合という形になりますが、

 

フリーランスの場合、基本給がなく完全歩合です。

 

そのため多くの指名を取れる美容師であれば収入は増加します。

 

人によっては年間100万以上も差が出ることもあります。

 

 

2つ目は、時間的な自由が挙げられます。

 

美容室勤務の場合、通常時間以外に掃除やミーティングがあったり、

 

営業時間でもお客様が来ない時間の待機時間など、

 

お客様の対応をしていない時間も店鋪にいないといけません。

 

フリーランスであれば、基本的にお客様の対応をする時間以外は自由です。

 

また、休みも自分の取りたいタイミングで取ることができます。

 

そのため、店鋪に所属している美容師と比べ自由に使える時間が圧倒的に違います。

 

 

 

フリーランスで美容師をするデメリット

 

 

では、フリーランスとなるデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

まず、フリーランスとして働く場合、基本的にお客様がつかなければ給料はゼロです。

 

固定客が少ない場合などは、時期によっては仕事がなく収入がなくなってしまうこともあるかもしれません。

 

そのため、自分でお客様と連絡をとる必要があります。

 

お客様から直接連絡が来るため、極端な話24時間いつでも急に連絡がきてしまい、

 

仕事のオンオフの切り替えが難しいといったリスクもあります。

 

他にも、どこにも属していない為、確定申告なども自分で行います。

 

店舗や企業のバックグラウンドがない為、いい意味でも悪い意味でも全て自分の責任になります。

 

多様なライフ・ワークバランスに対応する為に

 

 

上記のように、フリーランス・面貸し・業務委託での、メリット・デメリットがあります。

 

私は、それぞれの、メリット・デメリットをバランシングしながら、

 

働いていただければと思っています。

 

指名客を多くお持ちで、ガンガンやるぞ!という方もいれば、

 

育児中で仕事と家庭のバランスをとりながら働きたい。

 

指名客は少ないので、店舗に集客を助けてもらいたい。

 

などなど、様々な状況があると思います、なので一律なん%という契約ではなく、

 

個々に対応して、お互い折り合いのつく条件で納得して働いていただければと思っています。

 

是非、美容師さん、ネイリストさん、ご相談ください。

Follow me!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。